スマホのバッテリーの寿命を延ばす!劣化を防ぎ長持ちさせる使い方とは

スマホを使っていれば、必ず意識するのがバッテリー残量ですよね。
バッテリーがなければ、どんなに高性能なスマホでも動きませんからね。

 

さて、そんなスマホのバッテリーですが使えば徐々に劣化していきます。
バッテリーが劣化すると電池持ちが悪くなっていきます。
1日持っていたのに使い方を変えてもいないのに電池が持たなくなった・・・そんなことになっていきます。

 

ですがバッテリーの劣化を最小限に抑えることは可能です。
この記事では、そんなバッテリーの劣化を防ぐ使い方を紹介します。
それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

そもそもバッテリーの寿命は何年?

スマホのバッテリーの寿命は2年程度と言われています。
しかし、最近は技術の進歩もあり3年は余裕で使えるかなと思います。
もちろん使い方によって変わりますけどね。

 

酷使すれば劣化も早まりますし、あまり使わなければ劣化も遅くなります。
とにかく一般的に2~3年と考えてもらえればと思います。

 

バッテリーが劣化する原因は?

スマホのバッテリーにはリチウムイオン電池というものが使われています。
リチウムイオン電池の劣化の原因は主に3つあります。

  • 熱のある状態での使用
  • 充電と放電の繰り返し
  • 電池切れ、満充電の状態で放置すること

こういう使い方は止めよう!というのが以下のとおりです。

 

スマホが熱い時は使わないようにしよう

スマホが熱を持っている状態で使用することが一番の劣化要因になります。
よくあるシチュエーションは充電しながらのゲームでしょうか。
自分も時々やってしまいがちですが、ゲームはスマホに多くの処理をさせます。
それにより熱を持ちやすい状態になりますから、ゲームを止めてスマホを冷やすことが必要です。

 

また、最近はポケモンGOなど野外で行うゲームも多いです。
日差しの当たる状態で負荷のかかるゲームプレイほどバッテリーに良くないことはありません。
バッテリー的になるべく、そういう使い方は避けるべきだと言えます。

充電の繰り返しは止めようがない

上で充電と放電の繰り返しで劣化すると書きました。
こればっかりは避けられない宿命です。
技術の進歩があるまで、受け入れてスマホを使っていくしかありません。

※高速充電はバッテリーを劣化させる?

ここ数年ほとんどのスマホで採用されている高速充電。
高速充電が採用され始めた頃は「高速充電でバッテリーが劣化する」と言われていました。
真相は定かではありませんが、最近の話であれば心配無用と言えます。

 

これも技術の進歩のおかげか、高速充電でもバッテリーの劣化は少ないです。
使っている人なら分かると思いますが、満充電に近くなってくると充電スピードが落ちます。
セーフティ機能があり、バッテリーの劣化を抑えるよう設計されています。

 

就寝時に充電するのは良くない!?

上でも書いた満充電で長時間放置についてです。
だいたいの人は夜寝る時にスマホの充電する人が多いと思います。
自分もそうです。

 

しかしバッテリー的にこれは良くないのです。
スマホの満充電までの時間は機種によりますが5時間程度あれば満充電できます。
寝ている間、満充電の状態が続くわけですからあまり好ましくはないのです。

 

とは言え、昼間起きてる時は仕事や学校がありますから充電している暇なんてありません。
最近のスマホは満充電状態が長く続かないように充電を制御しています。
ですので寝ている間の充電も良くないと言われていますが、心配することはなさそうです。

 

結論:熱に気をつける

これまで色々書いてきましたが、気にするのは熱だけで十分でしょう。
とにかくスマホが熱い時の操作は避ける、これに尽きると思います。
それ以外のことは、普通に使っているなら避けて通るのは難しいです。

 

しかし、熱に関しては対策もできます。
もちろん、スマホが熱くても使わなければいけない場面もあるでしょう。
あんまり意識しすぎるのも問題でしょうし、2~3年の使用であればそこまで気にする必要はないかなぁと個人的に思います。

 

電池持ちに関して言えば、バッテリーの劣化よりもスマホの設定でカバーできると思います。
以下の記事ではスマホの電池持ちを良くする設定を紹介しています。
参考にしてみてください。

Androidスマホの電池持ちをよくする設定方法!こうすればバッテリー長持ち
スマホを使っていて気になる電池残量。設定を見直せば電池持ちを良くすることが出来ます。紹介している設定方法を参考にバッテリー長持ちを目指しましょう!

それでは、良きスマホライフを。