モトローラ「Moto G6シリーズ」3機種を発表!日本発売あるかも

2018年4月19日に海外でモトローラがMoto G6シリーズの3機種を発表しました。
「Moto G6 Play」「Moto G6」「Moto G6 Plus」
日本でも人気の高いGシリーズの最新機種です。

 

海外では日本より先に発表、発売がされました。
モトローラは日本でも人気がありますから、Moto G6も発売されることが予想されます。
3機種すべてが発売されるかわかりませんが期待して発表を待ちたいところです。

 

この記事では3機種のスペックや値段を紹介します。
それでは、どうぞ。

スポンサーリンク

Moto G6 Playのスペック

  • OS: Android 8.0 Oreo
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 427 (MSM8920) Quad-core 1.4GHz
  • GPU: Adreno 506
  • RAM: 2GB or 3GB
  • ROM: 16GB or 32GB
  • サイズ: 153.4×72.2×9.1mm
  • 重量: 180g
  • ディスプレイ: 5.7インチ IPS 液晶 マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 1440×720 HD+
  • アスペクト比: 18:9
  • カメラ: 13MP(背面 CMOS F2.0) デュアル LED フラッシュ付き 5MP(前面 CMOS) フロント LED フラッシュ付き
  • ビデオ: 1080p Full-HD 動画撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 17, 25, 26, 29,30, 66) TDD-LTE (Bands 38, 41) W-CDMA(850/900/1900/2100MHS) CDMA2000(800/1900MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE, HSPA+, EV-DO Rev.A, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM x2 (Dual-SIM)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n, Bluetooth 4.2
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, 指紋センサー
  • 外部端子: microSD(Max 128GB), microUSB, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 4000mAh
  • 筐体カラー: ディープインディゴ、ブラッシュグレイ
  • その他: 防滴、急速充電対応

引用元:http://gpad.tv/phone/motorola-moto-g6-play/

 

以下は海外の開封動画です。

 

Moto G6のスペック

  • OS: Android 8.0 Oreo
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 450 (SDM450) Octa-core 1.8GHz
  • GPU: Adreno 506
  • RAM: 3GB or 4GB
  • ROM: 32GB or 64GB
  • サイズ: 153.7×72.3×8.3mm
  • 重量: 162.5g
  • ディスプレイ: 5.7インチ IPS 液晶 マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 2160×1080 FHD+
  • アスペクト比: 18:9
  • カメラ: 12MP + 5MP (背面 CMOS F2.2 + F1.8) デュアル LED フラッシュ付き 8MP(前面 CMOS F2.2) フロント LED フラッシュ付き
  • ビデオ: 1080p Full-HD 動画撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 66) TDD-LTE (Bands 38, 41) W-CDMA(850/900/1900/2100MHS) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM x2 (Dual-SIM)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n, Bluetooth 4.2
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, 指紋センサー
  • 外部端子: microSD(Max 128GB), USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 3000mAh
  • 筐体カラー: ディープインディゴ、ブラッシュ、ブラック、シルバー
  • その他: 急速充電対応

引用元:http://gpad.tv/phone/motorola-moto-g6/

 

以下は海外の開封動画です。

Moto G6 Plusのスペック

  • OS: Android 8.0 Oreo
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 630 (SDM630) Octa-core 2.2GHz
  • GPU: Adreno 508
  • RAM: 4GB or 6GB
  • ROM: 64GB or 128GB
  • サイズ: 159.9×75.5×7.99mm
  • 重量: 165g
  • ディスプレイ: 5.9インチ IPS 液晶 マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 2160×1080 FHD+
  • アスペクト比: 18:9
  • カメラ: 12MP + 5MP (背面 CMOS F2.2 + F1.7) デュアル LED フラッシュ付き 8MP(前面 CMOS F2.2) フロント LED フラッシュ付き
  • ビデオ: 1080p Full-HD 動画撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 3, 5, 7, 8, 20 TDD-LTE (Bands 38) W-CDMA(850/900/1900/2100MHS) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM x2 (Dual-SIM)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 5.0
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD(Max 128GB), USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 3200mAh
  • 筐体カラー: ディープインディゴ、ニンバス
  • その他: 急速充電対応

引用元:http://gpad.tv/phone/motorola-moto-g6-plus/

 

以下は海外の開封動画です。

順当進化の良コスパ機

Moto G6シリーズは現行のG5シリーズの正統後継機です。
お値段もMoto G6 Playは199ドル(約22000円)とお安くなっています。
Moto G6は249ドル(約27000円)、Moto G6 Plusが299ユーロ(約40000円)となっています。

日本ではどのくらいの値段になるかわかりませんが、Moto G6 Plusでも39800円ぐらいで販売されると買いやすいかなぁとは思います。
現状の海外の値段を考えればコスパはいいと思います。
モトローラは頻繁に端末のアップデートをしてくれるので長く使いやすいですしね。

 

デザインに関してですがMoto G6シリーズはMoto X4のデザインを踏襲しています。
噂ですがMoto X5は発売されないらしいので余計にGシリーズにXのデザインを持ってきたのかもしれません。
今までどおりのメタルなデザインが好みの人には不評な点になりそうです。

個人的にはMoto X4のデザインが好みだったのでG6シリーズのデザインは好きです。
今までモトローラの端末は買わないできましたが本気で買おうか悩んでます。

 

Moto G6 Playは日本発売なさそう

さて、個人的な予想になりますがMoto G6 Playは日本では販売されないと考えています。
Play搭載のSnapdragon427では、もっさり感を感じると思います。
安くてもあんまり動作がスムーズでないのはどうなんでしょう。
日本では高性能機が出回っていますから、モトローラのブランドイメージ的に良くない気がします。

 

スマホは電話とメールができればいいんだと言う人にはある程度大丈夫だとは思いますが。
それに3万円前後の値段帯は買いやすいのでそこに力を入れていくのであれば、Playは切り捨てかな?と考えます。
あくまで予想なので日本販売の正式発表を待ちましょう。

買うならMoto G6 Plusがオススメ

このMoto G6シリーズの中から自分が買うならMoto G6 Plusです。
上記でも触れましたがMoto G6 Playは性能的にパスです。
そしてMoto G6はスペック上Moto G5S Plusとそれほど変わらないからです。
Moto G5S Plusとスペックが変わらないなら型落ちして安くなったMoto G5S Plusでよくね?といった感じです。

 

買うならやっぱり上位機種のMoto G6 Plusかなぁと思います。
やっぱり技術の進化などは肌で感じたいですしね。
自分の場合なので、それぞれ予算や求めるスペックに合わせて好きな機種を選べばいいと思います!

それでは、良きスマホライフを。

 

追記:moto g6 plus購入レビュー記事書きました

【実機レビュー】moto g6 plus購入!antutuベンチと使い勝手を軽く確認
日本でも6月8日に発売が始まったばかりのmoto g6 plusを軽くレビューしていきます。 自分はモトローラの端末を買うのは初めてですが良い買い物ができたかもしれません。 まだ購入して数日ですが使って感じたことを紹介してい...

日本正規販売品を購入したのでレビュー記事を書きました。

タイトルとURLをコピーしました