Moto G7 無印、Plus、Play、Powerの4機種がリーク!大まかなスペックとレンダリング画像が判明

Motorolaの次期、Gシリーズ最新作のG7シリーズが続々とリークされてきています。

これまでに判明している情報をまとめてみました。

リーク情報なので、実際に発表される情報との食い違いがあると思いますが参考程度にどうぞ。

スポンサーリンク

Moto G7 Plus

G6シリーズを踏襲したデザインですね。

水滴型ノッチを採用した大画面ディスプレイのようです。

おそらく指紋センサーは、背面のロゴマークがそれだと思われます。

 

Moto G7

こちらも水滴型ノッチを踏査した大画面ディスプレイです。

デザインはG7 Plusとよく似ていますね。

こちらは大まかなスペックが判明しています。

  • 6.4インチFHD+
  • RAM 4GB/ROM 64GB
  • Snapdragon660
  • バッテリー3500mAh
  • インカメラ 1200万画素
  • アウトカメラ 1600万画素+500万画素

 

Moto G7 Play

Gシリーズの下位モデルにあたる、G7 Playです。

こちらの背面素材は樹脂か金属になっているような質感です。

おそらく下位モデルなので樹脂素材だと思われます。

ディスプレイのノッチも水滴型ではなく、大型の台形になっていますね。

 

Moto G7 Power

こちらも性能的には下位モデルにあたるであろう、G7 Powerです。

名前のとおり、大型バッテリーを搭載したスタミナスマホになると思われます。

こちらも背面は樹脂か金属素材と思われます。

ディスプレイのノッチも台形です。

 

デザインやスペックについて感想的なもの

G7シリーズはG6シリーズを踏襲したデザインでまとめられていますね。

G5シリーズからG6シリーズへのデザイン変更は大きかったですが、今回は控えめなようです。

 

それにG7シリーズは、カラーバリエーションにも期待したいところです。

G6シリーズは単色ばかりでしたし、色も落ち着いた色味ばかりだったので万人受けはしなそうでした。

今回はリーク画像にあるような、白や赤など積極的に採用してほしいですね。

 

スペック的にはG6シリーズの底上げという感じですね。

無難に全体的なスペック上昇がされており、いい感じだと思います。

ノッチデザイン採用の大画面化など、しっかり流行に乗っているようです。

 

Motorolaはお気に入りのメーカーで、Moto G6 Plusもレビューしています。

G7シリーズの正式発表が楽しみですね。

それでは、良きスマホライフを。

 

情報参考記事:Exclusive: Moto G7, Plus, Power and Play Renders

タイトルとURLをコピーしました