斬新なAndroidスマホのウイルス・不正アクセス対策とは!?機種変更でセキュリティ強化!

スマホにも不正アクセスやウイルスなどの驚異があります。
実際に大きな事件が起きればニュース等になり話題になります。
自分もLINE乗っ取りに遭い、ひどい目にあいました・・・

 

LINE乗っ取りのように、目に見える形で起きる場合は対策のしようもあります。
しかし、裏で情報を送信しているなど目に見えない形で行われるのは確認が難しく分かりにくいものです。
それらを防止するためにも個人でセキュリティに対して意識することが必要です。

 

この記事ではちょっと変わった角度からスマホのセキュリティ対策について書いてみます。
それでは、どうぞ。

スポンサーリンク

スマホへの攻撃はたくさんある

スマホへの不正アクセスやウイルスなどによる攻撃を紹介します。
ここでは紹介しきれないくらいありますが、ニュース記事を集めてみました。
外部サイトへのリンクですが、気になる方は読んでみてください。

ウイルスを駆除するハズがウイルス感染!? バナー広告に潜む罠
スマホの画面を覆い隠し「この端末はウイルス感染中です。無料駆除アプリはこちら」などと危機感をあおるバナー広告。それはアナタをだまそうとする罠です。まずは対策を覚えましょう。
多数の格安スマホ、出荷段階でウイルス感染
 ロシアのセキュリティソフトメーカーDoctor Webは1日(現地時間)、40モデル以上の安価なスマートフォンにおいて、出荷段階からトロイの木馬「Android.Triada.231」がインストールされていることを発表した。
新たなスパイウイルスは機密情報を盗み、スマホを操作
カスペルスキー・ラボは、アンドロイドデバイスを狙い、通信アプリ「ワッツアップ」のメッセージを盗む新たなウイルスを見つけた。
「佐川急便」をかたる偽SMSが横行 不正アプリを導入しないで!
本物の佐川急便サイトによく似た偽サイトへ誘導 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は7月26日、今回の偽SMSについてTwitterで注意喚起した。宅配便会社をかたったフィッシングメール(偽メール)は以前にも横行したことがあったが、今回はさらに悪質で巧妙な不正アプリが駆使されている。
デジタル:ゲームに見せかけ偽アプリ - 毎日新聞
 <くらしナビ・ライフスタイル>  スマートフォン(スマホ)向け人気ゲーム「スーパーマリオラン」や「ポケモンGO」に見せかけウイルスを感染させる「偽アプリ」が横行。個人情報を抜き取られる被害が出ている。
LINEアカウント乗っ取り事例 「友達からの認証が必要」とか「確認コードを教えて」とかにはご注意 | ガジェット通信 GetNews
LINE アカウントの乗っ取りは今に始まったことではアリませんが、Facebook 等の SNS で友達を装い LINE アカウントを奪取しようという動きが横行しているのでご注意ください。今回、注意...

実際に自分が遭った被害は「LINE乗っ取り」です。
一時期流行りましたね。
自分も、ちょうど流行りの時期に遭いました。

 

登録されている友人たちにiTunesカードを買ってきてほしいと送信されていたようです。
とは言え、自分はApple製品を使っていないし、多くの友人もそれを知っていたので二次被害はありませんでした。
そういう事があってから確実に自分の中のセキュリティ意識は高まりました。

 

ウイルスや不正アクセスへの一般的な対策方法

  • サービスごとにパスワードを変える
  • 不明なメールやメッセージ、SNSの投稿には反応しない
  • 大手企業を装うこともあるため、実際に企業の確認する
  • アプリは公式サイト以外からインストールしない
  • 設定で「提供元不明のアプリ」のインストールを許可しない
  • アプリを最新の状態にしておく
  • セキュリティ対策アプリを利用する
  • スマホ本体のAndroidバージョンを最新にしておく
  • 公衆Wi-Fiを使わない

スマホのセキュリティ対策として、よく紹介されているのは上記のとおりでしょうか。
これらの中でも「スマホ本体のAndroidバージョンを最新にしておく」に着目します。
スマホ本体をアップデートすることでセキュリティパッチレベルも最新になります。

Androidセキュリティパッチレベルって何?
Androidは開発元のGoogleが定期的にセキュリティの強化を行っています。
パッチ作業が行われた日付を示します。

スマホの機種変更がセキュリティ対策になる!?

上で軽く説明したAndroidセキュリティパッチレベル。
これは日付が新しければ新しいほど良いです。
自分のスマホでも確認してみてください。

 

確認方法は本体設定→システム→電話情報の順でタップします。
スマホによって設定の表記が違ったりしますが、だいたい同じように確認できます。

それでは、なぜスマホの機種変更がセキュリティ対策になるのか説明します。
Androidセキュリティパッチレベルは本体アップデートで最新の状態になります。
セキュリティの観点からしてもスマホのアップデートはするに越したことはないのです。

 

しかし、メーカーの対応によって変わりますが2年程度の期間しかアップデートしてくれません
つまり古い機種というだけでセキュリティはどんどんガバガバになっていくのです。

なのでスマホも2年程度したら最新の機種に買い換えることをおすすめします。

 

ポイントを押さえれば過度に怯える必要はない

まるで販促を行うメーカーの回し者みたいになっていますが、ただのスマホオタクです(笑)
さて、最新のスマホを使うことがセキュリティ対策になると説明しました。
ここまで書いておいてなんですが、それ以前に一般的な対策の項目で紹介したことを意識した方がたぶん良いです。

 

現状であれば、スマホを最新機種にすることより他の対策をした方が効果があると考えます。
Androidセキュリティパッチレベルで防げるのは一部のことだけなのです。
なので最新スマホを使うことより、日々の対策意識が大事だと思います。

 

とは言え、過度に恐れてはせっかく便利なスマホなのに最大限に使うことができなくなります。
セキュリティのことを意識しながら、スマホを使えれば有意義なものになるはずです。
「スマホの買い替えもセキュリティ対策になるんだよ」という考えもあることを知ってもらえればと思います。

 

この記事の内容が参考になれば嬉しいですね。
それでは、良きスマホライフを。

タイトルとURLをコピーしました