スポンサーリンク

2018年発売ASUSのシムフリースマホ情報をまとめてみた

どうも、スマホ大好き管理人です。

今年も終りが近づいてきましたね。

そんなわけで2018年に発売された、ASUSのシムフリースマホの情報をまとめてみました。

参考になれば嬉しいです。

2018年発売ASUSシムフリースマホまとめ

ROG Phone

ASUSのゲーミングブランド「ROG」の名を冠するスマホになります。

ゲーミングスマホを謳うだけあり、本体性能は最高クラスです。

クーリングシステムを備え、ゲーム時の発熱対策もされています。

  • 6型AMOLEDディスプレイ 2,160×1,080ドット (フルHD+)
  • Snapdragon845
  • RAM 8GB/ROM 512GB
  • バッテリー容量 4,000mAh

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

ZenFone 5Z

ZenFoneナンバリングシリーズの最高スマホになります。

本体サイズは無印ZenFone 5と同じですが、SoCがSDM845搭載と高性能化されています。

またAI機能を強化したカメラなど、充実した1台です。

  • 6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)FHD+
  • Snapdragon845
  • RAM 6GB/ROM 128GB
  • バッテリー容量 3,300mAh
  • アウトカメラ
    1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
  • インカメラ
    800万画素カメラ内蔵

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

ZenFone 5

ZenFone 5Zの性能を落とした普及モデルになっています。

性能は落とされていますが、基本的な機能はそのまま。

値段と性能のバランスがとれた、使いやすい1台です。

  • 6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)FHD+
  • Snapdragon636
  • RAM 6GB/ROM 64GB
  • バッテリー容量 3,300mAh
  • アウトカメラ
    1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
  • インカメラ
    800万画素カメラ内蔵

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

ZenFone 5Q

アウトカメラ・インカメラ合わせて4つのレンズを搭載したカメラスマホになります。

どちらかというと若者や女性をターゲットにしたモデルで、ポップな印象を持つ1台です。

カメラ性能に特化していますが、性能もそこそこ保ちつつ値段を抑えたスマホ。

  • 6型ワイド Super IPS液晶 (LEDバックライト)FHD+
  • Snapdragon630
  • RAM 4GB/ROM 64GB
  • バッテリー容量 3,300mAh
  • アウトカメラ
    1,600万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
  • インカメラ
    2,000万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

ZenFone Max Pro (M1)

ZenFone 5と同じSoCを搭載しつつ値段を抑えたモデル。

バッテリー容量の多さもウリの一つで、長時間使用に耐えうるスタミナスマホです。

公式ストアとビックカメラのみで取り扱っています。

  • 6型ワイド Super IPS液晶 (LEDバックライト)FHD+
  • Snapdragon636
  • RAM 3GB/ROM 32GB
  • バッテリー容量 5,000mAh
  • アウトカメラ
    1,600万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    500万画素広角カメラ内蔵 (深度測定用)
  • インカメラ
    800万画素カメラ内蔵

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

ZenFone Max (M1)

コンパクト、大容量バッテリーモデル。

大きさ、性能、値段、どれも控えめですが長持ちバッテリーが魅力の1台です。

  • 5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)HD+
  • Snapdragon430
  • RAM 3GB/ROM 32GB
  • バッテリー容量 4,000mAh
  • アウトカメラ
    1,300万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
  • インカメラ
    800万画素カメラ内蔵

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

ZenFone Max Plus (M1)

基本性能はZenFone Max (M1)に近いですが、カメラ機能を強化したモデルになります。

長時間駆動と程良い性能、コスパの良い1台です。

  • 5.7型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)FHD+
  • MediaTek MT6750T
  • RAM 4GB/ROM 32GB
  • バッテリー容量 4,130mAh
  • アウトカメラ
    1,600万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
  • インカメラ
    800万画素カメラ内蔵

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

ZenFone Live (L1)

2万円を切る値段のローエンドモデル。

性能は必要最低限に抑えらていますが、なにより安さが魅力。

簡単モードやキッズモードを搭載した初心者向けモデルです。

  • 5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)HD+
  • Snapdragon430
  • RAM 2GB/ROM 32GB
  • バッテリー容量 3,000mAh
  • アウトカメラ
    1,300万画素カメラ内蔵
  • インカメラ
    500万画素カメラ内蔵

 

さらに詳しいスペックなどは、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。

 

選択肢豊富なシムフリースマホ先駆者

日本のシムフリースマホ市場では、早いうちから存在感を出していたASUS。

最近はHuaweiに押され気味ではありますが、まだまだ強いメーカーです。

1万円台のローエンドモデルから、10万円超えのゲーミングスマホまで多くの選択肢があります。

 

ちょっとMaxシリーズがゴチャついている印象ですが、選択肢が多いのは嬉しいですね。

しかしASUSは来年から販売戦略を変更し、低価格帯の数を減らすとしています。

2019年のZenFoneシリーズは、どのような展開をしていくのか楽しみです。

 

それでは、良きスマホライフを。

タイトルとURLをコピーしました