スポンサーリンク

au sol24 Xperia Z Ultraを1年以上使った感想と使い勝手について

ekusuperiazurutora

どうも、アンドウです。

ズルトラの通称で呼ばれるXperia Z Ultraをご存知でしょうか?
2013年の頭にXperia Zが発表され、その数カ月後の夏にズルトラは海外で販売が始まりました。
日本での発売はauから2014年1月25日に発売されました。

日本での発売を心待ちにしていたXperiaファンの人は多かったのではないでしょうか。
まぁ一般受けするような端末ではないですからね(笑)
人気は一部の人に限られたと思います。

わかっていたことですが、人気機種にはなりませんでした。
ですが、この絶妙な大きさがガジェオタやXperiaファンの心を掴んだのです。
実際にガジェット好きでXperiaファンの僕は心掴まれました!

僕が日本での発売日から現在まで1年以上使ってきた感想を書いていきたいと思います。
それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

Xperia Z Ultraのスペック

OS: Android 4.2.2 Jelly Bean
CPU: Qualcomm Snapdragon 800 (MSM8974) Quad-core 2.2GHz
GPU: Adreno 330
RAM: 2GB
ROM: 32GB
サイズ: 179×92×6.5mm
重量: 214g
ディスプレイ: 6.44インチ IPS 液晶 (TRILUMINOS Display) マルチタッチ 静電容量式
解像度: 1920×1080 Full-HD
カメラ: 8MP(背面 CMOS “Exmor RS”) LED フラッシュ無し 2MP(前面)
ネットワーク: LTE(800/1500/2100MHz) W-CDMA(850/1900/2100MHz) CDMA2000(800/2100MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)
パケット通信: LTE, HSPA+, EV-DO Rev.A, EDGE, GPRS
SIM Slot: microSIM
通信: 通信: WiFi 802.11 a/ac/b/g/n, Bluetooth 4.0, ANT+
センサー: GPS(GLONASS), Gセンサー, デジタルコンパス, 近接センサー, 光センサー, NFC
外部端子: microSD(Max 64GB), microUSB, 3.5mmオーディオジャック
バッテリー: Li-Poly 3000mAh
筐体カラー: ブラック、ホワイト、パープル
その他: ワンセグ、フルセグ、防水防塵(IP55/IP58)、テザリング、DLNA、Miracast 対応、BRAVIA Engine 2 搭載

引用:au ソニーモバイル製ファブレットサイズ防水対応の大型6.44インチスマートフォン「Xperia Z Ultra SOL24」1月25日発売

当然ですが最新のスマホと比べたら性能は落ちます。
とは言え、CPUのSnapdragon 800からは体感でわかるほどの差はなくなってきましたね。
もちろん高負荷な動作の時はカクついたりしますが、普段使いでストレスを感じる場面はないです。

防水防塵に対応してるので普段の生活でも、水を気にすることなく使えます。
僕はお風呂でも使ったりしましたが大丈夫でした。
ですが、お風呂場で使う場合は自己責任ですよ!

また、フルセグやおサイフケータイ、赤外線通信など日本特有の機能にも対応しています。
しっかり日本向けのカスタマイズがされているので違和感なく使用できます。
僕はどの機能も利用していないので使用感については割愛します。

ただしカメラ性能は普通に見劣りします。
画素数が600万画素しかありませんし、フラッシュを搭載していないので暗いところでの撮影が厳しいです。
とはいえ、メモ程度に撮影したりするには問題ありません。

がっつり撮影したい!という人におすすめできるような性能ではないです。

Xperia Zシリーズのオムニバランスデザインがかっこいい

Xperia Zからオムニバランスデザインというものが採用しています。

オムニバランスデザインとは、どんな持ち方でも使いやすく、どこから見ても美しい造形でありたい。

そういうコンセプトから生み出されたデザインとのことです。

Xperia Zが発表された時から、デザインについての評価はとても良かったと記憶しています。
このXperia Z Ultraにも当然オムニバランスデザインが使われています。
何と言ってもこれですよ。とにかくデザイン最高、かっこいいです。

見てください。
この洗練されたデザイン。
私は一目惚れでしたよ。

DSC_0177

DSC_0175

DSC_0178

ちなみに本体左側のUSB端子キャップはこのようになっています。

DSC_0181

反対側のSIMカード、microSDカード側はこのようになっています。
また、イヤホンジャックはキャップレス防水になっています。

DSC_0183

絶妙な大きさ

Xperia Z Ultraの大きさは、高さ179×幅92×厚さ6.5mmです。
普通のスマートフォンと比べれば、だいぶ大きいです。
試しに高さ128×幅64×厚さ10.6mmのXperia NXと比較してみましょう。

DSC_0184

かなり大きいです(笑)
通話する時は小顔効果が期待できます!

ですが厚みに注目してください。
Xperia Z Ultraはかなり薄いです。
他のスマホでは感じられない薄さです。
ちなみに薄さのためか、持った時の大きさのわりに軽く感じます。

DSC_0185

最後に財布と比較してみましょう。
これは僕が使っている長財布との比較です。
長財布と同等の大きさなので、ポケットに入れて持ち運びできます。

DSC_0187

意外に携帯性は悪く無いです。
しかし、普通のスマホと比べたら持ち運びはしにくいでしょう。
身体を動かす人には向かないでしょうね。

外観的な使い勝手まとめ

Zシリーズのオムニバランスデザイン。
それを継承したクールなガラスデザインです。
性別関係なく、幅広い年代の人にマッチする素晴らしいデザインだと思います。

色のラインナップは白、黒、紫の3色です。
黒は指紋がかなり目立ちますので注意です。
手汗の多い僕の場合、いつもズルトラがギトギトしています。

指紋が気になる人には白をめちゃくちゃオススメします!
紫は他人と被ることが嫌だという人におすすめです。
紫のスマホを持つ人は少ないはずです。

というわけで今回はズルトラの外観的なレビューになります。
次は中身であるソフトウェアについてレビューしてみます。
よろしければ次の記事もどうぞ!
http://xn--bckbg3g4cb8f3i0bg.com/xperiazultra-sw-35

スポンサーリンク

フォローする