スポンサーリンク

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いは?スマホではどちらを使うべきか

2015-03-01_143849

どうも、アンドウです。

今回はWi-Fiの周波数について解説したいと思います。
無線でインターネットに接続するためにWi-Fiは必須級です。
僕もスマホや携帯ゲーム機など色々な物でWi-Fiを使っています。

少し前ですが、Wi-Fiは5GHzの周波数で通信できるようになりました。
今までは2.4GHzの周波数で通信するのが一般的でした。
この記事では2.4GHzか5GHz、どちらを利用すべきなのかメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

周波数の特徴を紹介

まずはそれぞれの周波数の特徴を紹介します。
それぞれの特徴を知ってもらった上で、どのように使用したらいいかを最後にまとめてみますね。
それでは、どうぞ!

2.4GHzの特徴

・表記は、IEEE802.11b/g、IEEE802.11b/g/nなど
・一般に広く使われている周波数で、Wi-Fiルーター、無線LANルーター、電子レンジ、コードレス電話機、ワイヤレスUSB、Bluetoothなど
・普及しているので電波干渉をすることがあり、速度低下になったり、つながらなかったりする場合がある
・普及しているので互換性に優れている
・電波が、壁や床などの障害物の透過性が良く、届きやすい
・IEEE802.11nは2.4GHzと5GHzが両方(デュアルバンド)使える機種があります。デュアルバンドの表記は、IEEE802.11a/b/g/nです。2.4GHzのみの場合は、IEEE802.11b/g/nになります
・屋外で使える(802.11nで5GHzの場合は制限が有り)
・使用チャネル1~13ch(チャネル/チャンネル/chとは周波数の幅のこと)

5GHzの特徴

・表記は、IEEE802.11n/a、IEEE802.11a/n/acなど
・あまり使わていない周波数で電波干渉をすることが少ない
・普及していないので、互換性に注意が必要
・コスト的にまだ高い
・電波が、壁や床などの障害物の透過性が悪く届きにくいとされています。透過性はよくないですが、電波の跳ね返りは良く、周波数を高くすると囲われた空間など特定の条件下では通信状態はよくなります
・acでMU-MIMOの通信方法により障害物に強くなり、届きやすくなったとされます
・一部屋外で使えます
・使用チャネルJ52、W52、W53、W56

引用元:Wi-FiのIEEE802.11の周波数2.4GHzと5GHzの違いは?

2.4GHzは繋がりやすいけど繋がりにくい!?

2015-08-24_164734

上記の特徴でも書いてありますが、2.4GHzは障害物を透過しやすいので繋がりやすいです。
しかし、多くの通信周波数が2.4GHzに集中しているため繋がりにくくなっています
実際に問題なく通信できていたのに急にできなくなったという場合は、周波数が混み合っているかもしれません。

スマホでの周波数使い分け

僕の個人的な使い分けを紹介します。
僕の実家は東北の田舎です。
周辺ではネット回線を引いている家自体が少ないです。

それに実家は結構広いです。
なので主に2.4GHzの周波数でWi-Fi通信をしています。
特に問題もなく、高速通信を利用した快適なネットライフを楽しめています。

以前、都市部で一人暮らしている時は5GHzの周波数を利用していました。
やはり2.4GHzの周波数は混み合っており、通信状態が不安定になる時がありました。
しかし、5GHzの周波数に変えてからは快適に通信できていました。

それに一人暮らしだったのでワンルームでした。
部屋も広くないので障害物に弱い5GHzでも問題ありませんでした。
逆に実家で5GHzを利用した時は部屋を離れたりすれば、一気に通信状態が悪くなりましたね。

まとめ

広い家で周辺にWi-Fiを利用していない家が多い場合→2.4GHz

狭い家で周辺でWi-Fiを利用している家が多い場合→5GHz

こんな感じで使い分ければいいのではないでしょうか。
後はそれぞれの特徴を把握して、柔軟に使い分けしてもらえれば思います。
参考になれば幸いです。
それでは、また!

スポンサーリンク

フォローする