スポンサーリンク

スマホが防水機能対応でも注意しなければいけない3つのこと

Xperiabousui

どうも、アンドウです。

最近のAndroidスマホは、ほとんどが防水機能に対応しています。
一昔前であれば、そんなこともなかったんですけどね。
それだけ防水機能の需要があるんでしょう。

実際に僕も防水機能に助けられたことは何度かありますし。
それに時々ですが、スマホをお風呂に持って行ったりもします。
そういうことを考えると、やはり防水機能は便利ですね。

しかし、防水機能は万能ではありません。
ちゃんと注意しながら使用しないと大変なことになってしまう場合があります。
今回は防水機能の注意点をまとめてみましたので、ぜひ確認してもらえればと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

防水機能は徐々に性能が落ちていく

DSC_0201

実は防水機能って、日々時間と共に劣化していきます。
というのも充電端子やイヤホンジャック部分には、防水のためにキャップがあります。
このキャップの開け閉めを繰り返していると、パッキンが弱ってしまうのです。

それを防ぐために、充電する時はキャップの開け閉めが必要ない充電台を使いましょう
基本的に防水スマホは充電台が付属しています。
それは防水機能の劣化を防ぐための対策の1つでもあるんです。

また、音楽を聴く時は無線のイヤホンやヘッドホンを使うと良いです。
キャップの開け閉めが必要ないですからね。
それに無線だと、使い勝手が良いです。

最後にですが、キャップには厄介なことがあります。
それは開け閉めしていなくとも、徐々に劣化していくという事実なんです。
防水機能を保つためには、2年毎のキャップ交換が必要と言われています。

購入したショップさんに頼めば対応してくれるはずです。

ホコリを噛ませないように

どうしてもキャップを開け閉めしなければいけない場面はあると思います。
キャップの開け閉めは、封印するほどのことは必要ないですしね(笑)
多少のキャップの開け閉めは問題無いです。

しかし、注意してほしいことがあります。
キャップを閉めるときにホコリ等のゴミを、噛ませないようにしてください。
もしもキャップにゴミが挟まってしまいますと・・・・・

最悪の場合、スマホがお亡くなりになってしまいます。
本当にゴミの挟みこみが怖いです。
ちゃんと閉めていたつもりなのに!そう思って後悔する人が多くいます。

キャップにゴミが挟まっていないか、しっかり確認しましょう。

キャップレス防水の注意点

上記の弱点を克服した最強の防水機能。
それがキャップレス防水です。
名前の通り、キャップを使わずに防水を実現しています。

充電も普通のUSB端子を利用できるし、イヤホンだって刺しまくりです。
それでいて防水だというんですから、技術の進歩はすごいですね。
ですが、キャップレス防水言えど注意することがあります。

それは、水をしっかり拭くことです。
水が端子に残った状態で充電なんかしたら・・・・・
感電したり、最悪の場合、火事になるなんてこともありえます。

注意点まとめ

  • キャップの開け閉めは控える
  • キャップを閉める時はゴミに注意する
  • 充電は出来る限り、充電台を利用する
  • 音楽を聴く時は、Bluetoothなど無線を利用する
  • キャップレス防水でも水は拭くこと

これらのことを守ってもらえれば、快適な防水スマホライフをおくれます。
ぜひとも、上記のことに注意して使用しましょう。

実際にお風呂で使ってみた

僕はauのSOL24 Xperia Z Ultraというスマホを使っています。
防水防塵対応のスマホです。
実際にお風呂場で使ってみました!

どうも、アンドウです。 僕はAndroid搭載スマホ「SOL24 Xperia Z Ultra」を使っています。 こ...

スポンサーリンク

フォローする