スポンサーリンク

スマホのブルーライトをカットしよう!人体への悪影響とは?

1d1079d8d6c1f42e28b4e7be7141ab10_m

どうも、アンドウです。

少し前から「ブルーライト」という言葉を耳にする機会が増えたように感じます。
なんでも普段利用している液晶画面から発せられるブルーライトは身体に悪影響だとか。
実際そうだとしたら、スマホ、PC、テレビなどブルーライトを発する物は身近にあります。

ブルーライトがどの程度身体に悪影響を与えるのか。
防ぐためには、どういったことに注意したら良いのか。
ブルーライトについて、紹介します。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

ブルーライトとは、なんぞや?

まずはブルーライトが具体的にどういうものなのか理解しましょう。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

身体に何かしらの影響を与えるほどの光のようです。
主に悪影響について紹介していきます。

ブルーライトが身体に与える悪影響

目の疲れや痛み

ブルーライトは目は波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。また、ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響します。

睡眠へ影響

夜も明るい環境や、夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は、サーカディアンリズムを乱れさせ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。寝付きが悪い、眠りが浅いといった「睡眠の質を低下」も、そのひとつでしょう。しかし、サーカディアンリズムの乱れをリセットしたりするために重要なのも、ブルーライトです。

肥満へ繋がる

サーカディアンリズムが乱れると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが低下し、糖尿病のリスクを高めることはよく知られています。また、朝、太陽の光を浴びて副交感神経が高まると血圧が上昇し、夜になると血圧が低下するといった、血圧のリズムにも乱れが生じます。

たとえば、マウスによる実験で、通常の光環境で過ごしたマウスと、夜間に光を浴びたマウスでは、同じカロリーの食事でも夜間に光を浴びたマウスのほうが太りやすいという研究報告もあります。

他にも悪影響はある

上では3つほど紹介しました。
ですが、もっと悪影響の数があります。
ブルーライト研究会というサイトに詳しく書かれているので、こちらを参考にしたほうがいいでしょう。

分かりやすく解説されています。
ブルーライト研究会

ブルーライトを防ぐための対策方法は?

ブルーライトは僕らの生活の身近な物から発せられています。
これらから身を守るためには、どうしたら良いのでしょう。
ブルーライトの対策方法は、以下の記事でまとめてみました。

スポンサーリンク

フォローする