スポンサーリンク

Androidスマホの本体設定の変更だけで電池を節約する方法

e154fb1b97fb4bea44d0e4bd7a756923_m

どうも、アンドウです。

みなさんは、スマホの電池残量を意識していますか?
たぶん、ほとんどの人が電池のことを気にしていると思います。
何と言ってもガラケーと比べるとスマホは電池がもちません。

人によっては、1日数回充電する人もいるのではないでしょうか?
僕もゲームをやり過ぎた日は昼間に1回充電したりします。
スマホといえば、電池のもちが悪い。

今回は、スマホの電池を少しでも長く維持できるようにする設定を紹介します。
この記事ではアプリを使わず、本体設定だけでできることを紹介します。
それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

できるだけWi-Fiを利用する

2015-03-01_143849

Wi-Fiの使用は電池の持ちを良くしてくれます。
モバイル通信の場合は、電池を多く消費します。
出来る限りWi-Fiを使いましょう。

僕は家にいる時はずっとWi-Fi通信にしています。
電池の持ちがだいぶ違ってきます。
おすすめです!

注意点ですが、外出時はちゃんとWi-Fi通信をオフにしましょう。
外出時にWi-Fiをオンにしたままだと通信できるWi-Fi回線を探すために電池を消費してしまいます。
必ずオフにしましょう。

画面の明るさを下げる

Screenshot_2015-03-01-14-39-09

実はスマホの電池の多くはディスプレイに多く消費されています。
実際に電池使用量を調べてみるとディスプレイが半分以上電池消費の原因になっています。
画面の明るさを下げるだけで、電池消費量を抑えることが出来ます。

GPS(位置情報)をオフにする

位置情報を確認できるGPSは電池を多く消費します。
必要ない時はオフにしておくといいです。
しかし、GPSはセキュリティでも活躍します。

実際に以下の記事で紹介している、落としたスマホを探せるサービスはGPSを利用しています。
電池の持ちをとるか、セキュリティをとるか難しいですね。
モバイルバッテリーを使うのも手かもしれません。

アプリを終了させる

意外と落とし穴だったりします。
みなさんは、しっかりアプリを終了させていますか?
ホームボタンを押して、ホーム画面に戻っただけではアプリは終了していません。

使ったアプリはしっかり終了させるようにしましょう。
裏で動いていると電池消費の原因になります。
以下の記事でアプリの終了方法を解説しています。

本体内蔵の節約モードを使う

最近のスマホであれば、最初から節約モードなどが搭載されています。
節約モード、エコモード、スタミナモードなどメーカーによって名前は違います。
しかし、電池消費を抑えてくれるという機能は同じです。

それぞれ、簡単に設定できるようになっているので利用してみましょう。

必要であれば機能はオンにする

ここまで、色々な機能などをオフにして電池持ちを良くしようと解説してきました。
しかし、必要な時はしっかりオンにしましょう。
それでは、また!

スポンサーリンク

フォローする